投稿の詳細: 「水と緑の国、日本」・・・・富山和子特別講演会

2008/09/28

永続的リンク 02:42:58, カテゴリ: つれづれなるままに

「水と緑の国、日本」・・・・富山和子特別講演会



 各務原シティカレッジ特別講演会に参加した。
 講師は 評論家、水の文化研究所理事長・富山和子氏。

 先生は、
 「水、緑の問題をはじめ、国土の資源や環境の問題をおおきな視野からとらえる。
 文化と環境を守るためには、農業、林業、漁業を大切にしなければならない」、
と強調される。

 「小学校の学習指導要領から、“林業”を削除したままにしている」と、怒っておられる。
※「農業、林業、漁業」とあったものを、昭和52(1977)年に、文部省は「農業、(削除)、水産業」と書き換えた。


 米を作るのに、水と緑と土(土壌)に手をかけて 持ちこたえてきたのが、日本列島だ。
 水と田んぼを毎年生かすため、森林を手入れし用水路を守ってきた。
 狭い日本の国土の中で 弥生稲作の時代から2000年もの間、同じ場所で生きていかれる文化。

 その知恵と労働の塊が水田であり、日本列島の民の力だった。
 「今は手を抜いている。今後どうなるでしょうか」と言われる。

 「生き生きとして村の人が森林を守っていくような生活に、社会にならないと、水で戦争が起こる時代が来ますよ。」そして「文明が無くなりますよ」と警告された。

 70代半ばのお年である。
 2時間近くも 立ったまま講演される。
 理想を失わない人は 老いないのかしら・・。

【写真中】富山和子「日本の米カレンダー」2009年版表紙(部分)@1300E 水の文化研究所発行より。
【写真下】富山和子著『日本の風景を読む』
2005.10.31.初版。NTT出版発行。@1600E
カラー写真満載。資源と環境と安全と食糧自給が よくわかる本。
会場で富山和子先生にサインをしてもらった。


この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2018年6月
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?