投稿の詳細: はじめてのロクロ  (大迫みきお・忍釉・桧原窯)

2008/10/24

永続的リンク 03:53:55, カテゴリ: つれづれなるままに

はじめてのロクロ  (大迫みきお・忍釉・桧原窯)


 知人は「これからロクロをやってみたい」という。

 わたしが湯のみを挽いているのを見てびっくりしていた。
 手びねりで作れば何十分もかかるが、ロクロではわずかな時間でできてしまう。

     ***

 わたしもロクロを始めたころ、友人に連れられて、常滑の作家を訪れた(桧原窯の、今は亡き大迫みきお氏)。

 先生は1時間に湯のみなら50個くらい挽けると言われ、わたしにはうそのように思えた。
 実際に先生のを見てみると 嘘ではなく、魔法のようだ。

 しのぶ竹(忍竹)という竹の「忍釉」を使った作品は、優しい色合いで和食器としてすばらしい。
 とくに先生の まな板皿は最高。

     ***

 わたしも茶わんを作らせていただいた。
 後日 先生の手が加わり、送られてきた。

 おだやかで 教え方の上手だった先生。
 新聞紙上で知った先生の訃報。
 あれから10年にもなるか・・。


【写真上】わたしがロクロを始めたころの「忍釉茶わん」。
 故・大迫みきお氏の手ほどきを受けながら作った茶わん。
【写真下】故・大迫みきお氏作「忍釉盃」・桧原窯。
 函書き、しおりもなつかしい。いまも大事にしている。


この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

コメント: 山下 [訪問者] メール
一年前、栄の丸栄で大迫みきおさんの茶碗と出会い購入しました。お茶を点てて茶碗が温まると大迫みきおさんの温厚な人柄や陶芸に対する情熱を感じます。不思議ですよ。大迫みきおさんの作品は大好きです!
永続的リンク永続的リンク 2012/02/23 @ 19:54
コメント: (お地蔵さん) [メンバー] メール
15年ほど前のこと、友人のひとりが親しくて工房に何度かおじゃましてました。静かな優しい方で、いろいろ教えてくださいましたよ。
しのぶ竹の釉薬が素敵な作品でした、
山下さんは生前の先生を御存知でしたか?機会があればお茶碗みせていただきたいですね。わが家にはぐい飲みと私の作陶したものしかあれませんが、、、
永続的リンク永続的リンク 2012/02/29 @ 15:04

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2018年11月
<< <     
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?