投稿の詳細: 『妻が「若年認知症」になりました』大沢幸一・著

2009/05/13

永続的リンク 01:14:37, カテゴリ: つれづれなるままに

『妻が「若年認知症」になりました』大沢幸一・著



大沢幸一・著『 妻が「若年認知症」になりました 』 講談社・刊
‐‐限りなき優しさでアルツハイマー病の妻・正子と生きる‐‐

 この本を手にしたとき このいそがしい時季に、
 分厚い本 読めるかなあと一瞬迷った。

 帯に、「最愛の家族が「認知症」になった時、あなたはどうしますか?」と書いてあった。
 わたしも7年間 母の軽い認知症に悩まされていたなあ と思い出して、読もうと思った。

 ところが読み進むうちに 止まらなくなった。
 
 群馬県の現職県会議員でもある著者の看護記。
 男性が女性を介護するときの困難さにもめげず、手厚い介護の様子に、たびたび感動した。

 アルツハイマーという病気は こわいものですね。
 誰にだって、明日はわが身かも知れない。
 この本を読んで 知っておくのも いい。

 著者は ここまで奥様(アルツハイマー病)の負の部分を世にさらけだされ、行政にも訴える。
 実体験に基づく、強いものがあるといえ、
 信念がなければできない。

 家庭内のことにこれだけ気配りのできる人ならば、
 きっと 県民のためにも よく働いてもらえることだろう。

【写真】大沢幸一・著 講談社・刊2008.12.2.第1刷発行 @1500e 327page『 妻が「若年認知症」になりました 』
‐‐限りなき優しさでアルツハイマー病の妻・正子と生きる‐‐

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2017年10月
<< <     
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?