投稿の詳細: 植田康夫・著『本は世につれ』ベストセラーはこうして生まれた

2009/07/21

永続的リンク 01:51:20, カテゴリ: つれづれなるままに

植田康夫・著『本は世につれ』ベストセラーはこうして生まれた



 植田康夫・著『本は世につれ』・・ベストセラーはこうして生まれた・・水曜社・刊

 ベストセラーで思い出すのは、原田康子著『挽歌』。
 わたしが高校三年生のときだった。友人の家で遊んでいたら、本好きのお母さんが「Tさん 挽歌読んだの?あなただったら もう読んでるかと思って・・」と言われた。

 まだだったので すぐに買った。
 北海道の釧路に住む兵藤令子という少女が、建築家の桂木と知り合う。桂木夫人の不貞を嗅ぎ取ることで、桂木との関係を深めるというストーリー。

 大人の女性の 内側の心理を理解していたかどうかは別として、ロマンチックであり夢中になった。
 50年近くも経た今も、兵藤令子はわたしの中で理想の女性のひとり。 それ以来、原田康子著の本はほとんど読んでいる。

 『挽歌』は作者も無名で、版元も東都書房という無名の出版社であったのに、よく売れたとか。
 『本は世につれ』。本書を読みながら、このようにしてベストセラーも、時代によって生まれ方も変わってくるのかと面白かった。

【写真】植田康夫・著『本は世につれ』・・ベストセラーはこうして生まれた・・水曜社・刊。2009.3.3.初版第1刷。@1600e

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

コメント: okamoto [訪問者] メール
懐かしいです。
私も若かりし頃晩夏を読み
釧路湿原に憧れていました。
60歳になって釧路湿原に行ってきました。
カヌーで下り夢を叶えました。
永続的リンク永続的リンク 2009/07/22 @ 07:10
コメント: (お地蔵さん) [メンバー] メール
わあ、、うれしいですねやはり年齢の似た人と同じ体験をしていたとは、「晩夏」は今でもステキな物語だと思いますよ
永続的リンク永続的リンク 2009/07/22 @ 09:36

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2017年12月
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?