投稿の詳細: 乳くれ地蔵              (1877)

2014/06/22

永続的リンク 21:45:54, カテゴリ: つれづれなるままに

乳くれ地蔵              (1877)




 谷汲ゆり園へ行くときのこと。

 大垣西インターを降り、垂井町から谷汲へ向かう途中、
 中山道から谷汲巡礼街道を通った。

 ここに乳くれ地蔵があった。
 (偶然 見つけた)


 車を降りてこの史跡をよく見せてもらった。

   病に倒れ、自分の願いを託せる、慈悲ある人を探すため、
   あえて「あなたの乳を飲ませてください」と、
   道行く人に懇願した。

   唯一人応えようとしたのは八幡村庄屋の妻みねであった。

   おみねはこの老人の願いを聞き入れて、
   この地に六地蔵と道標を建てた。

   今では「乳くれ地蔵」と呼ばれ、
   乳の出ない母親が詣でるようになった。
    

 おみねの曾孫にあたる竹中敏子さんが、
 昭和8年今上天皇のお乳人として参内されたという。

 巡礼者に乳を与えようとしたおみねとの強い因縁感じる、
 歴史のひとこまである。

 せまい道幅の谷汲巡礼街道を通ってこそ見つけた、
 池田町の史跡。

 わたしには心に残った出来事でした。



 後日談・・

 帰宅して池田町のホームページを見たところ、
 瓦職人さんのブログに行きついた。

 テーマが 乳くれ地蔵

   瓦職人として単調な作業をしながら色々なことを考える。

   昔の旅人も自分の足で歩く単調な作業は同じではないか、

 というところから、
 この乳くれ地蔵の話を想い出し感想を書かれている。

 瓦職人さんということのほか何もわからないが、
 すご~い深いことを考える男性(たぶん)に感動した。


                ***

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2018年7月
<< <     
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?