投稿の詳細: オープンカレッジ 2014      (1948)

2014/11/22

永続的リンク 22:36:13, カテゴリ: つれづれなるままに

オープンカレッジ 2014      (1948)



 名古屋経済大学 犬山オープンカレッジ2014 第3回
 「総理大臣の選び方について考える」
 講師: 名古屋経済大学 高田豊實先生


 よく「政治は誰がやっても一緒」という
 本当に、誰がやっても一緒 なのか?

     この首相は対米関係を著しく壊したし、
     あの首相は東日本大震災と
     フクシマ原発事故への対応を間違えたではないか?

 など 例をあげての講義。

     だから、「・・誰がやっても 同じ ではない」。
     立派な指導者に国政を委ねたい。
      
     いまの首相の選び方ではなく、
     もっと良い選び方を工夫するべき。

 いまの日本のやり方は、
 国政選挙で選ばれた議員で構成される、
 議会の信任を 首相の在職の要件としている。

     国民投票により首相を選出した場合は、
     「とんでもないやつ」が政権を獲る可能性があるという。



 ・・そうであろうか。
 わたしにとって総理大臣は「池田勇人」

 その夫人の同窓下級生として大学時代に、
 その私邸に招かれるという大きな思い出は忘れられない。


 講師の先生は、
     日本が安定政権を作るには
     衆議院の任期と、党首の任期のずれは無くすことだ
 と言われる。

 しかしこれは日本だけの悩みではない。
 イギリス、ドイツなど主要国共通の悩み、それぞれの悩みが
 あるようだ。

 そして
 「決められない政治」に対する欲求不満が 元凶・・と。


                   *****

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2018年6月
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?