アーカイブ: 2015年1月

2015/01/31

Permalink 12:37:30, カテゴリ: つれづれなるままに

朝市                  (1969)


 土曜日はJAの駐車場で朝市が立つ。
 久しぶりに行ってみた。

 知人の夫妻の店は出ていなかった。
 もともと農家ではなく、
 冬場は商品が少なくて休むと言っていたのを思い出した。

 わたしのお目当ては 豆腐屋と野菜類。
 大きな白菜が100円、ほうれん草も100円。

 ほうれん草は葉っぱの色が濃くて、
 根元が赤紫色に映えてなんともうつくしい。

 自然の恵みの色合いにしばし見とれた。

 冬の朝、寒い。

 出展者も買いもの客も中高年だが
 にぎやかで元気なパワーがみなぎってますよ。


*

2015/01/28

Permalink 21:31:27, カテゴリ: つれづれなるままに

『 すてきなあなたに ~よりぬき集~ 』(1968)

*


 暮らしの手帖社編集部『 すてきな あなたに ~よりぬき集~ 』 

 雑誌「暮らしの手帖」は 母が愛読していたから
 いつも実家にあり、旧いのを貰ってきた。

 その中の連載「すてきなあなたに」も愛読。


 最近、
すてきなあなたに よりぬき集 』が出版されたのを知りました。

 どの話も 日常の ほんのちょっとした気遣いで、
 あたたかい生活を過ごせる と気付かせる文。

 わたしは この中の文で気に入ったものから書き写している。

 ・・毎日 わたしのそばに居る本。

【本の説明】 著者:暮らしの手帖社 編集部     
  『 すてきな あなたに ~よりぬき集~ 』     
  2012.5.28.初版第一刷発行 @1200e      
  暮らしの手帖社・刊             
*

2015/01/25

Permalink 17:44:45, カテゴリ: つれづれなるままに

キムチなべ            (1967)

*


 わが家族は キムチが好きな人と 嫌いな人がいる。

 嫌いな人が外食などで一緒に食べない日で、
 しかも隣りに住む娘の家族も在宅する土、日には
 キムチ鍋を囲む。

 中身は豚肉、アサリ、白菜、水菜、ネギ、豆腐、きのこ類、
 大根とニンジン(ピーラーでうすく切ったもの)など。


 何年か前から キムチ鍋のマイブームがある。

 わたしが以前、韓国人の友人から教えてもらったことだが、

 韓国風では辛すぎるので、
 コチュジャンは あまり入れないで、和風にする。

 
 食べ終わったら最後の締めは、
 冷やごはんとトマトとチーズを入れて、リゾットにする。

 これで韓国からイタリアに変身する。


 料理研究家の脇 雅世さんは、
 ブイヤベースにもトマトを入れるとおいしい
 と、書かれている。

 トマトは いい味を出しますねえ。

*

2015/01/18

Permalink 19:16:13, カテゴリ: つれづれなるままに

作文教室           (1966)

*


 ことしはじめての作文教室。

 クルマで40分くらいの道のりだが、
 空いていたので早く着く。


 わたしの作品は、明治村に在る「坐漁荘」の修理後、
 学芸員の案内で見学をした感想をエッセイにした。

 
 「何度も何度も いやになるほど声を出して読んでください。
 このように推敲すれば、自分の欠点も探せます」
 と、先生は話される。

 毎回この講座で学ぶことができてしあわせ。
 少しでも成長したい。

     <前回の提出作文が添削されてきました>
                           *

2015/01/15

Permalink 21:04:34, カテゴリ: つれづれなるままに

藤工芸             (1965)

*

 藤工芸
 今年 初のけいこ日。

 高さ30㎝、横25㎝の四角いカゴを編んでいる。

 仲間から「何にするカゴか?」と聞かれるので、
 「ゴミを入れる」と答える。

 「わあ!! もったいない」
 「きれいなゴミしか入れないでね」とか。

 ・・では、新聞とか雑誌の読みかけを入れようかな。

 ちょっぴり 編み方が複雑!

 間違って編んであるところがあったり、拡がってしまったり、
 ほどいてやり直したりで苦労している。

 編み方は幾通りもあるので、興味は尽きない。

 
 ふとテレビ番組でみる”和風総本家”が思い浮かんだ。
 日本の工芸文化は奥が深い。


*

2015/01/14

Permalink 22:17:32, カテゴリ: つれづれなるままに

火事見舞い            (1964)

*

 この1月11日(日)の夜、犬山城下町本町通りで火事があり、
 木造の店舗と民家と計5棟が焼けた。

 その中に知人の店があり、ほとんど全焼してしまった。

 今朝、その店と 近くの知人にお見舞いに行ってきた。

 夜7時半近くに出火した。暗闇の中での火事。
 自分の家も燃えそうで、怖かったと話してくださった。


2015/01/12

Permalink 19:56:55, カテゴリ: つれづれなるままに

喪正月              (1963)

*

 元旦に 年賀状をいただいた。

 数日後また このハガキが届いた。

 年賀状を出してから、暮れに御主人が亡くなられた。

 この絵たよりは、友の現在の心境。


 この友とは 作文教室で仲良くなりました。

 彼女の絵はもとより
 文章もわたしの好みに合うので大好きです。

 今 この友が
 このようなかなしい思いをされているか と思うと・・


******

2015/01/10

Permalink 21:59:53, カテゴリ: つれづれなるままに

1月10日  近江八幡へ    (1962)

*


 50年前の1月10日に結婚した。

 当日の朝は、すこし雪が舞っていた。
 寒い朝だった。

***

 2、3日前に気が付き、予定がないので、
 きょう 少し遠出して近江八幡へ出かけた。

 高速で関ヶ原を過ぎるころから雪が降ってきた。
 山肌も雪景色が続く・・

 4、5年ぶりの近江八幡・・
 日牟禮八幡宮を参拝した。

 八幡堀は 静かな水の流れで 風情がある。
 石畳の小路・・

*

*

 千成亭で近江牛のランチを食べているうちに、
 すっかり上天気になった。


 仲屋町通りのまち筋を 1時間ほど散歩。


 日牟禮八幡宮に戻り「たねや」の和菓子も食べる。  

 
 道路が凍結する前に・・と 早目に帰る。

 近江八幡には まだまだ行ってみたいところがあり、
 未練たっぷり残しながら・・。


 ***

2015/01/09

Permalink 20:38:06, カテゴリ: つれづれなるままに

よりみち探偵団         (1961)


 よりみち探偵団。 本年 初の集まり。
 ・・・・「成田山にお詣りして 歩こう」

 ところが成田山は お詣りの人でごった返していた。

 日本人は信心深い人が多いのだと びっくり。

*****


 昼は新年会を兼ねて カフェ浦嶌で 玉手箱ランチ。

*


 会員の一人が 年末に身体の調子がすぐれなくて心配でした。
 きょうは すっかり元気になり、愉しい新年を迎えられました。

                   *****

2015/01/06

Permalink 20:25:45, カテゴリ: つれづれなるままに

おだやかな日々        (1960)

*


 あけまして おめでとうございます。

 2日は お寺に行きました。

 
 抹茶をいただいていると、
 雪見障子越しに 雪が舞ってきました。

 ここの住職は 陶芸の話を いつもします。
 なかなか風情のある ひとときでした。


 今日は
 大学生の孫が国家試験の受験のため
 図書館で勉強している。

 昼ご飯を ちかくで一緒に食べようと約束してあったので、
 わたしの好きなカフェでランチをしてきました。


 この店の御主人は 沖縄が大好き。
 年に2、3回出かけるそうです。

 沖縄の話をたっぷりして 来ました。


 よいことは少なくてもいい。
 おだやかで 感謝の日々があればよいかな。

               ****   

2015/01/01

Permalink 19:47:46, カテゴリ: つれづれなるままに

迎春              (1959)

*

*

*


*

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2015年1月
<< < 現在 > >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?