アーカイブ: 2016年7月

2016/07/18

Permalink 15:58:28, カテゴリ: つれづれなるままに

萩本欣一著『 欽ちゃんの、ボクはボケない大学生 』  (2080)

*
  萩本欣一著『 欽ちゃんの、ボクはボケない大学生 』
        ~73歳からの挑戦~  文芸春秋・刊


 新聞で萩本欣一氏が大学生になったことは知っていた(駒澤大学)。

 氏は、わたしよりひと月年上の同い年。

 わたしは50年以上も前に卒業したので、
 いまの大学生活はまるで想像がつかない。

 萩本さんが大学に入ったきっかけは「ボケ」認知症と戦うために、一番大変なことをして大学に行くことにきめた、とある。

 若い人たちと一緒に勉強するのだから、
 いくら有名人とは言え、苦労も多い。

 そんなことやら 楽しい学生生活が書かれている。

 ・・ 気軽に読めた。

【写真】萩本欣一著『 欽ちゃんの、ボクはボケない大学生 』~73歳からの挑戦~  文芸春秋・刊 2016.4.25.第1刷発行 @1400e   
*

2016/07/07

Permalink 00:53:49, カテゴリ: つれづれなるままに

「たまちゃん 独演会」大口町(いこいの四季) (2079)

 7月7日 七夕の日、「たまちゃん 独演会」
 ことしも大口町福祉会館:いこいの四季で。

 「よしもとふるさと劇団」所属の”たまちゃん”
 朗読と歌の ひととき・・

 「宮沢賢治生誕120年」をしのんで
 童話「よたかの星」を朗読。

 たまちゃんは岩手県出身とは聞いていたが、
 東北弁の御上手なこと。

 発音もよく声も良く、
 いつもながらの朗読は心に響きました。

 第2部の「みんなで歌おう」は
 童謡・愛唱歌・なつかしの歌など。

 どれもすぐれた歌で とてもすぐれた歌。

 暑~い一日でしたが
 たのし~いひとときでした。

 
*

2016/07/02

Permalink 23:51:15, カテゴリ: つれづれなるままに

モザイクタイルミュージアム 多治見市笠原  (2078)

 知人が行ってきて おもしろかったと教えてくれた、
 多治見市笠原町にあるモザイクタイルミュージアム。

 まだつい先ごろの6月4日にオープンしたばかり。

 ボランテイア説明員からは
「笠原町が多治見市と合併して、役場が要らなくなったので、その跡地に建設された」と説明を受けた。


 世界が注目する建築家:藤森照信氏が設計。
 ユニークでユーモラスな外観。誰もの目を引く。

 大正時代に旧多治見町で始まったタイルづくり。
 戦後は笠原町を中心に世界へ拡がる産業になった。

 登り窯を模した四階建て構成の展示室。
 モザイクタイルで多様な形を組み合わせた装飾。

 カラフルで かわいらしくて楽しい。

 機会を見つけ、いちど訪れてください。

*

 帰り道、市之倉の幸兵衛窯に寄った。
 10年ぶりかなあ。

 あまり変わっていなかった・・ 

*

*

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2016年7月
<< < 現在 > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?