アーカイブ: 2019年9月

2019/09/15

Permalink 14:53:28, カテゴリ: つれづれなるままに

三世代女子会   (2103)


 わたしには娘が三人、孫娘が四人居る。
 隣り家に住む長女が「八人の女子会で京都へ一泊旅行しよう」と言ってきた。
ほかの七人は、すでに日程も調整済みだと。
 「京都か。久しぶりに行こう」
 さっそく八人のグループLINEが組まれた。
「どこにでも付き合うよ」と打ち込む。毎夜LINEが飛び交った。

 当日は三か所から出発し、片道二時間ほどのドライブで行くことになった。
 梅雨入りした週末。長女と孫の車で出発。
 小牧ICから先ずは合流場所のの養老SAへ。道中雨にも降られたが、二時間弱で京都東ICを出るあたりからは傘要らずとなった。

 計画どおりお昼前、予約のランチに充分間に合った。店名を染め抜いた、長い暖簾がかかった古民家。京都のおばんざい屋「おくどはん」。京野菜の料理と、おくどで炊いた米が評判。高校生や大学生の孫も「ごはん、おいし~い!」。

 午後は別行動。それぞれ自分好みの店や観光をして、三時間後に駐車場で落ち合う。
 わたしと長女は寺町三条のアーケード街をめざす。途中「天性寺」では真っ白なアジサイが目に入った。境内東の端の鎮守社に旅の無事をお詣りしたあと、十分ほど歩いて錦市場。めずらしい食材を味見したり、「有次(ありつぐ)」で台所用品を買った。調理器具は大好きだ。

 今回のお宿は左京区八瀬(やせ)。若狭街道沿いで、比叡山麓西の高野川の渓谷を望むところ。
 夕ご飯まで娘たちはよくしゃべりし、孫たちもにぎやかに笑い転げる。
 それを見ているのもいいものだ。

 翌朝早くホテルの広い庭で遊ぶ。飛んだり跳ねたり子どもみたい。売店でお土産を買う。社会人の孫二人は職場の人たちに気を遣(つか)う。

 九時、宿を立ち「清水寺」へ。日曜日でもあり観光客であふれている。駐車場所をやっと見つけ、参道の長い坂を上る。雨上がりで寺のまわりは深緑がきらきら光る。

 坂の途中に龍村織りの小物屋を見つけ、入る。女性店主が中国人風の男性客と英語で話していた。あとでわたしは「英語、上手ですね」と話しかけた。「最近は三割くらい外国人のお客さんだから」「フランス語、スペイン語も少しならネ」と。おもしろい会話に、つい買ってしまった。

 孫娘たちは「大きくなってから、いとこ同士がこんなに長い時間一緒に居られて、よかったわ」「姉たちに甘えられたよ」と少し照れていた。娘たちは「身内の者だけで、とことん気楽な旅だった」と喜んだ。
 あしたからまた八人の人生はどんどん変わっていくことだろう。いい思い出が人間を豊かにしてくれる。    (R1.07.21.)

Profile

地域ホームページ犬山羽黒の管理人が日々の出来事を語る。家事から趣味の読書、陶芸まで百聞は一見に如かずの記。

最近のコメント

最近の記事

アーカイブ

リンクブログ

ブログ

地域ホームページ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

Calendar

2019年9月
<< <     
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

地域ホームページ犬山羽黒
地域ホームページ犬山羽黒


地域動画配信局16ライブ犬山
地域動画配信局16ライブ犬山


小弓の庄たより
小弓の庄たより

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?